目から鱗!辛い肩の痛みに効果的なのは生活改善だった!

肩の痛みのお悩みのうち、様々な年齢層に共通するものはやはり肩こりですね。 ご年配の方や女性は特に辛い思いをされているようです。 怪我や病気でもないのに、ひどくなると頭痛や吐き気を伴う場合もあります。 そんな憂鬱な肩こりにスポットを当てて、その原因から解決策や予防法を探っていきましょう。

肩こりと違う肩の痛み

加齢による急激な肩の痛みは、昔から四十肩、五十肩、などと言われてきました。 最初はいつもの肩こりか、と思っているうちに段々痛みが増してきます。 物を持つ時に激痛が走ったり、手が後ろに回らないため着替えることも一苦労だったりするようです。 肩こりとの違いはなんでしょうか。

いつもの癖をちょっと見直してみませんか

肩の痛みの対処法として、真っ先に思いつくのは、通院や外用薬、マッサージだと思います。 けれど、慢性化した肩こりや、繰り返す肩の痛みの原因はみなさんの生活習慣なのかもしれません。 ここでは普段から気をつけるべき事をいくつか挙げてみたいと思います。

肩のお悩みナンバーワンはやっぱり肩こり!

子供の頃、お父さんやお母さんの肩叩きをした経験のある方はたくさんいらっしゃるでしょう。
子供は肩が凝りにくいため、肩こりが一体どのようなものなのか、特に気に留める事もなかったに違いありません。
ところが、いざ自分も大人になってくると、同じく肩こりに悩まされることもあるのではないでしょうか。
では、肩こりは一体なぜ起こるのでしょう。
オフィスワークで一日中座りっぱなし。
逆に、一日中立ち続けるお仕事の方。
家事に大忙しのママ。
全く生活は違うのに、多くの方が同じ肩こりに悩まされています。
原因を調べてみました。

また、肩こり以外にも肩の痛みを感じる場合があります。
中でも肩周辺の炎症やトラブルは年齢的なトラブルの一つとして昔からよく知られています。
強い痛みがしばらく続くため、改善されるまで大変憂鬱だと聞きます。
ただし、良く似た症状ながらより深刻な疾患もありますので、十分注意して、必要に応じて医療機関にきちんとご相談くださいね。
炎症の場合の処置として、アイシングや鎮痛剤入りの外用薬で患部を冷やしたり痛みを取るだけの対処療法では繰り返し症状が表れかねません。

それでは、根本から解決する方法はないのでしょうか。
私たちは仕事、家事や子育てなど、日々忙しく暮らしています。
ちょっとした違和感や痛みがあっても、「まだまだ大丈夫」と、ついつい放ったらかしにしてしまい勝ちですよね。
そんないつもの生活習慣を少しだけ見直してみませんか?
何気なくやってしまっていることが、その肩の痛みを引き起こしているかもしれません。
このサイトでは、肩の痛みの原因や、普段から気をつけてほしい解決策までお届けしています。

みなさんにとって、繰り返すつらい肩の痛みとさよならするお役に立てれば幸いです。