>

目から鱗!辛い肩の痛みに効果的なのは生活改善だった!

外的要因から起こる肩こり

猫背が癖になってしまって姿勢の悪い方や、ずっと机に座ってお仕事をされている方は、非常に肩が凝りやすくなります。
ただでさえ首は重い頭を支えなくてはいけませんから、姿勢が悪いと肩周辺の筋肉に負担をかけてしまいます。
また、長時間同じ姿勢を続けることで血行が悪くなり、滞ってしまうんですね。
更に運動不足の方は、筋肉を動かす機会が少ないためその悪循環を助長させてしまう傾向にあります。

他にも原因はあります。
最近は、ほとんどの方にとってパソコンやスマホを扱う時間が増えてきていますよね。
その結果、目の疲れからも肩こりは起こります。
実は目の筋肉と首の後ろの筋肉はつながっていて、目の周りの筋肉や視神経の疲労が肩にまで伝わってしまうのです。

ストレス、冷え症、高血圧などが原因の事も

見落とされがちですが、ストレスや冷え性、高血圧といった、一見肩こりとは無関係に思える事が原因になっている場合もあります。

全く関係がなさそうなストレスと肩こり。
ところがストレスを受けた時、私たちの筋肉は委縮し心拍や血圧があがって緊張状態となります。
これはストレスに対処しようとする無意識の体の働きなのですが、その状態が長期に及ぶと肩こりにつながります。

それから、統計では男性より女性の方が肩こりに悩んでいる方が多いそうです。
冷え性の女性が圧倒的に多いためかもしれません。
冷え性は体全体に熱を伝える事が出来ないため、血行を悪くします。
滞った血流が肩こりの原因となるのです。

高血圧の症状の一つに肩こりが挙げられています。
血管が硬く狭くなり血液がスムーズに流れない事が原因とも言われますが、肩こりによって滞った血流が高血圧を引き起こすとも。
肩こりは軽視せず改善すべきですね。


この記事をシェアする