>

肩こりと違う肩の痛み

その肩の痛み「肩関節周囲炎」では?

いわゆる四十肩、五十肩と言われている、急激な肩の痛み。
専門用語で「肩関節周囲炎」といいます。

初期は肩こりとほとんど変わらないのでなかなか気づくことが難しいそうです。
そのため、いきなり激痛が襲ってきたように感じてしまうんですね。
症状としては、肩こりと違ったズキズキとした痛みがあります。
寝ていても何をしていても痛いのですが、特に腕を動かすような時にひどく痛むようです。
例えばファスナーを上げたり髪を束ねるために腕を後ろに回す時や、お風呂で背中を洗う時などが挙げられます。
当然ながら、家事やお仕事にも支障が出てしまいますね。

加齢による、と書きましたが、最近では若年化も進んでいます。
四十肩や五十肩、という言い方は不似合いかもしれませんが、若い方であっても油断できません。

気になる治療と予防

肩関節周囲炎ということが分かったら、まず痛み、症状の緩和をすることになりますね。
シップや外用薬、注射で痛みを取らなくてはいけない場合もあるでしょう。
同時に筋肉を動かせるようにするため、ストレッチを始めましょう。
痛みが取れるまでは個人差がありますので、決して無理して行わないようにしてください。
少しずつから始めて、可動範囲を広げて行きましょう。
症状が無くなって完治したと思っても、毎日の生活習慣を変えなければまた再発してしまう可能性もあります。
それを防ぐためにも、日頃からストレッチを心掛けたいものですね。

石灰性腱炎や腱板断裂といった疾患の場合もありますので、ただの肩こりではない痛みを感じたら整形外科などの専門機関で相談してみてくださいね。


この記事をシェアする